2015年01月09日

【シェア】大共感! したワーキングマザーに関するブログ記事

http://next.rikunabi.com/journal/entry/20150108?vos=drnnrag00002
◆そうそうそう、と何度頷きながら読んだことか! 最後には泣いてしまった。 ワーキングマザーさんもそうでない人も男性もぜひ読んでください〜。゜゜(´□`。)°゜。「働きながら子育てする」ことが、なぜこんなにも「贅沢」扱いされるのか。なぜ「働く」ことが当然の権利として認められないのか。「ケア責任」はなぜ女性ばかりに押し付けられがちなのか。
◆・・・さらにいえば「どう変えていけばいいのか」みんなで考えて、未来を変えたいね。国全体が男性にも女性にも当然のように育休や時短勤務を取れるような制度に変えて、社会全体で子育てできるようにしていかないと、ホント厳しいです。
◆ちなみに、最近の私もタスク過多で、昨日は相方に慰めてもらうどころか強くいさめられて爆発泣きしてしまった・・・。仕事を削れとかフツーにいうけどさ、こっちだって責任もって楽しく働きたいんだよ! 息子の世話はなんでほぼ私だけの責任なの〜!? イヤイヤ&夜泣きぶり返しで最近全然寝てないし、アレルギっ子だからパンまで三食手作りで、それを「おいしいない、ミカン食べっちゅ〜」って払いのけられる苦しみを思いやってよ! またそれを聞いてタスク減らせとか優先順位つけろとか説教しないでくれ、わかってるから!! 普通に「よくやってるね、大変だね。いつもありがとう」って言ってくれるだけでいい。ハグもつけてくれればなおよい。なぜなら子育ての「報酬」は、今現在それしかないから。
◆・・・って話したらわかってもらえたけれども。くうう。しかしいつも言葉も態度も全然足りーん!! しかし相方も忙しくて夜遅い中よく手伝ってくれてる方なのだ。ううう。なんですかなー、この辛さ。引っ越したら保育園探しますよ〜。
posted by KIDO-Airaku at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/110988495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック